感謝の気持ちを込めて送り出そう~葬式サイト比較

葬儀業者を比較するのに便利なサイト

葬式を挙げる際に気になるのがどのくらいの費用がかかるのか、そしてどのような葬式プランがあるのかといった情報です。これらを一つ一つの葬儀業者のホームページにアクセスしたり、電話で問い合わせするというのはとても大変な作業となります。そこで、オススメなのがこちらの葬式サイトを比較できるサイトです。

この比較サイトでは、複数の葬式サイトの料金やサービス内容などの比べることが簡単にできます。ですから、安い料金の所を探し出すことができたり、サービス内容が充実している所を探すこともできます。これほど便利なサイトは他にはありません。

またこの比較サイトは、葬儀業者に関する有益な情報も掲載していますので、このサイトに訪問した際にはその情報を一読しておくことをオススメします。得する情報が満載となっていますので、一読しておく価値は十分にあります。

小さなお葬式

お葬式というと誰もが気になるのがその費用です。膨大な費用がかかるとは聞いているけれど、はっきりした金額が分からないというのが多くの人の葬儀に対する不安ではないでしょうか。昔からこの業界は金額が不明瞭であったために人々の不安を余計に掻き立てる事となっていましたが、昨今はお葬式を小規模で行う事で大幅に節約が可能になりました。

「小さなお葬式」では、比較的参列者が少ない葬儀、或いは行程を少しミニマイズしてシンプルにしたプランを中心に取り扱っています。華美になりがちなお葬式でお金を使うよりも残されたご遺族のためにお金を使って欲しいという方が増えたためにお葬式もかなり明朗になり、パッケージ料金でのプランが好まれています。しかもご遺族や故人様のご意向をしっかりお伺いする事で小さなお葬式でありながら充実した内容の葬儀を執り行う事が出来ます。

ありがたいことに資料請求でも事前相談でもいつでも24時間365日電話で対応してくれているので突然相談したくなった際でも回答が得られます。またご逝去されてしまって急いでいる場合でも最短でわずか30分で迎えにきてくれるので、初期段階が早く段取りできます。またご自宅にご遺体を安置する事が出来かねる場合でも、安置施設を無料で利用することができる上、葬儀の日までは無料で安置可能なので費用面での負担が大幅に節約できます。

公益社

公益社なら葬式の事前の相談をする事が出来ます。葬儀について、あらかじめ準備しておくことや費用の事、それから終活の際に備えておきたい事など役だつ情報を教えてくれます。そのため、知識を身に付ける事が出来るだけでなく、不安を解消する事が出来て便利です。

それから公益社は葬儀を行う際も、葬儀場を探したり、規模に合ったセレモニーホールを探したり、流れやマナー等も教えてくれるので便利です。また、専門のスタッフが悔いのないサポートをしてくれるので安心して任せる事が出来ます。

公益社なら葬儀後の事も相談をする事が出来ます。仏壇の事、位牌の事、墓石や霊園の事等気軽に相談をする事が出来ます。また、遺言書の事や相続の事等は専門家も紹介してくれるので初めての方でも安心です。

イオンのお葬式

イオンのお葬式は電話で無料相談ができます。事前に葬式の流れを把握することができるので、慌てる必要はありません。しかも、約140種類もの品質基準があって、サービスのクオリティが非常に高く、葬式後のサポートも万全です。

火葬式は最もコストを抑えることができて、19万円から葬儀をすることができます。家族葬の場合は費用がかかりますが、お通夜から火葬まで丁寧な対応をしていて、全てスタッフに司会進行を任せられるので、知識がなくても無事終了します。

身内葬は約80名程の参列者向けに作られたプランです。イオンのお葬式では、地方に住んでいる人のために地域の風習にも対応しているので、スタッフはニーズを把握しながら葬儀をします。

シンプルなお葬式

シンプルなお葬式なら葬儀の際の本当に必要なものだけに絞ることで格安の葬式をする事が出来ます。式を行わない火葬プランや通夜を行わない告別式だけの一日プラン、それから身内だけで行う家族葬等が出来ます。また、一般装も行う事が出来ます。

それからシンプルなお葬式なら葬式の実績件数も豊富です。また、日本全国の葬儀社へスピード対応が出来るほか、定額のお坊さんの手配サービス等もあります。それから葬儀の事を知りたい方のために役立つ情報を教えてくれます。

それからシンプルなお葬式なら追加料金がかかる事なく、安心して任せる事が出来ます。それから支払いの事でお悩みの方のために1回から36回の分割支払いも可能なのでとても便利です。

葬儀社アーバンフューネス

葬儀社アーバンフューネスは深夜や早朝でも迅速に対応するので、ストレスが溜まるようなことは一切ありません。しかも、要望に沿って式をするので、満足度も非常に高いです。葬式にかかる費用もできるだけコストを抑えるように努力をします。

自宅葬は家族一家の団らんの時間があるプランです。家の広さに関係なく様々なプランが用意されていて、費用も42万円です。費用は少し高いかもしれませんが、あらゆる宗教やスタイルに合わせることができるので、自分たちの風習を守りながら故人を偲ぶことができます。

会場ではなく自宅で葬儀をすると、式場費用が一切かからないので、自由度が非常に高いです。しかも、住み慣れた場所から故人を見送ることができるので、緊張感も軽減されます。

株式会社全国葬式サービス

人が亡くなると葬儀を挙げなくてはいけません。だからといって、身内の不幸はいつ何時起こるか分りません。突然の身内の不幸にも対処するために株式会社全国葬式サービスを利用しましょう。そもそも、葬式はなるべく早い対応が必要になります。

それに葬儀費用というのは葬儀内容によって随分変化があります。さらに、葬儀会社によってもサービスに違いがあります。しかも、葬式はやり直しがききません。だからこそ、しっかりした葬儀会社を選ぶ必要があります。

さらに事前に問い合わせておけば、詳しい情報を得ることができます。それにサービス内容を確認しておけば費用の軽減にもつながります。しかも、全国ネットワークのお陰で近所の葬儀会社がすぐ見つかってとても便利です。

お葬式に参列するときに知っておくこと

お葬式には個人葬や団体葬などがあり、葬儀スタイルも仏式やキリスト教式、自由葬など様々です。いずれにしろお葬式の知らせは急に来るものです。そんなときにあわてないように、お葬式のプロセスや参加する場合の決まりごとなどを知っておくことが、社会人としての最低限のマナーとなります。親しい人の訃報に接したら、遺族に対してお悔やみを述べるために通夜に参列します。少し前までは、通夜の席で喪服を着用するのはタブーでした。あらかじめ死を予期していたと受けとめられ、不謹慎だとされていたからです。しかし、最近では通夜で喪服を着用しても問題ないというのが、一般的な風潮となっています。ただし、地域によっては白い目で見られる場合もあります。必ずその地域の慣習に従って服装をチョイスすることが大切です。

通夜では現金を不祝儀袋でつつんだ「香典」を持参し、受け付けでお悔やみの言葉を述べながら手渡します。香典も事前にその地域の相場を調べておいて、常識的に問題がない金額を包むことが大切です。香典は関東と関西では微妙に相場が違い、関東地方は高く、関西地方は安いというデータがあります。また、自分の立場や故人との関係などからも、相場が上下します。故人が友達や同僚の場合は3千円から5千円が相場ですが、自分が部長や社長などそれなりの肩書きがある場合は、1万円は包むのが常識です。また、通夜に参列できない場合は葬儀のときに香典を持参します。やむを得ない事情があって通夜も葬儀も参列できない場合、現金書留で香典を郵送するのが常識です。宛名は喪主の名前にして、中に参列できなかったお詫びの手紙を添えるようにします。

仏式のお葬式では僧侶による読経があり、その後に遺族や参列者によるお焼香があります。まず会場に入ったら係員の指示に従い前のほうから詰めて着席し、自分の番になったら席を立って祭壇の前に行ってお焼香をします。和室で小さめな会場の場合や、故人の自宅でお葬式をする場合は、回し香炉でお焼香をするケースが多いです。その場合は自分の席についたまま、隣の人から回ってきた香炉を受け取り、お焼香をして隣の人に手渡します。なお、キリスト教式のお葬式ではお焼香の代わりに白い花の献花があります。神式のお葬式では玉串奉奠です。最近ではまったく宗教的な儀式を取り入れないで行う、自由葬や無宗教葬も増えています。宗教的な儀式はなくても弔意を表す場には変わりはないので、常識的な服装や振る舞いを心がけることが大切です。

カテゴリー

ページトップへ