感謝の気持ちを込めて送り出そう~葬式サイト比較


    home > お葬式の情報 > お葬式で必要になる費用の内訳や相場

お葬式で必要になる費用の内訳や相場

 お葬式は急にすることが多いため、いざとなったときに他社と比較しないで病院から勧められた葬儀会社に葬儀を依頼してしまう人が少なくないです。しかし、そうするとあとで請求書をもらったときにびっくりします。お布施代や戒名料など、お葬式では聞きなれない出費が多いため、相場がわからず見積もりをもらってもわからないという人が多いです。お葬式のタイプや葬儀費用の相場について詳しく知っておくと、葬儀をすることになった場合無駄な出費を省くことができます。よく行われている葬儀が、シンプルな家族葬やリーズナブルな火葬式です。家族葬の場合、基本料金が20万円~60万円ほど必要になります。基本料金に含まれているのは祭壇代や棺桶や遺影などの細かい仏式装具一式、セレモニースタッフの人件費等です。

 ただ、基本料金の内訳は葬儀会社によって違います。たとえば斎場のレンタル代が含まれているケースと含まれていないケースがあります。あまりに基本料金が安いと斎場のレンタル代が含まれていないことが多く、そういう場合は別にレンタル代が必要になります。また、自社で斎場を運営している葬儀会社の場合は、別に斎場をレンタルするよりもずっと安く利用できます。参列者がいない火葬式なら、基本料金だけでお葬式ができます。しかし、家族葬の場合はお葬式に集まった人をもてなすのに接待費が必要です。接待費とは香典返しや返礼品などの購入費用、通夜ぶるまいや精霊落としなどの飲食代です。お葬式に参列する人が多くなるほど、接待費が高くなります。具体的には40人参加の家族葬で20万円前後が接待費の相場です。

 お坊さんを自宅や斎場に呼んで仏式葬儀をとりおこなったときに必要なのがお布施代です。読経代や心づけ、戒名料などすべて含んでお布施代という場合もあれば、戒名料は別途必要な場合もあり、その辺は事前に葬儀会社に確認することが大切です。お布施代の相場は地域によって差がありますが、10万円~20万円がだいたいの目安です。これにプラスして、お坊さんに支払うお車代(交通費)や精霊落としなどのお弁当代(食事代)、約1万円も必要です。家族葬の基本料金の中に、こうしたお布施代が含まれている葬儀会社もあります。見積もり書の中に寺院関係費と記載されていれば、お布施代も含まれているという意味です。含まれていない場合は葬儀会社の人に相談をすれば、いくら包めばいいのか教えてくれます。

カテゴリー

ページトップへ