感謝の気持ちを込めて送り出そう~葬式サイト比較


    home > お葬式の情報 > お葬式にかかる費用の相場や内訳

お葬式にかかる費用の相場や内訳

 お葬式には高額な費用がかかるのが一般的であり、総額にすると200万円程度かかるのが相場だと言われています。この相場は地域によっても差がありますし、どんなお葬式プランを選ぶかによってもかなり変わってくるため、必ずしも200万円かけなければならないというわけではありません。しかしどんなお葬式であっても、ある程度高額な費用がかかってしまうということを、あらかじめ覚悟しておくことも必要でしょう。そしてこの200万円という金額には内訳があり、葬儀一式費用と飲食接待費用、そして寺院費用の主に3つに分けることができます。この中でもっとも高額なのが葬儀一式費用であり、120万円程度が相場だと言われています。そして飲食接待費用は35万円程度、寺院費用は45万円程度が相場になります。

 それぞれの内訳の説明をすると、まず葬儀一式費用とは、葬儀社へ支払う費用のことであり、お葬式のために用意される物品や人件費などが含まれています。よく葬儀社の広告に記載されているプラン料金がこの費用にあたるため、どのプランを選ぶかによって金額が変わってくるのが特徴だと言えるでしょう。次に飲食接待費用は、通夜などで振る舞われる料理の費用であり、参列者の人数によって変わってきますし、そもそも料理を出さない場合はかからない費用でもあります。さらに寺院費用は、読経をしてもらう僧侶に対して渡すお布施であり、宗派などによって相場が変わってくる場合があります。それに寺院費用は、決まった金額というものがなく相場が分かりにくいという性質のものでもあるため、いくら渡したらいいか分からない場合は、事情に詳しい親戚や知人、または葬儀社などへ尋ねてみるとよいでしょう。

 お葬式の費用は高額になりがちですが、安くする方法もあります。最も効果的な方法は、安いお葬式のプランを選ぶということです。先ほども説明したように、お葬式の費用で最も高いのはお葬式のプラン料金を意味する葬儀一式費用なので、安いプランを選ぶことで大幅にお葬式費用を安くすることが可能です。安いプランとしては、小規模に行われる家族葬や、日程を一日に短縮して行う一日葬、そして火葬のみを行う直葬があります。実際の葬儀一式費用としては、家族葬は50~100万円程度で、一日葬は30万円程度、そして直葬は20万円程度が相場になります。特に一日葬と直葬は、通夜を行わないため飲食接待費用も必要ありません。また寺院費用に関しても、読経の必要がないのであれば、それを省略することによって費用を軽減できます。

カテゴリー

ページトップへ