感謝の気持ちを込めて送り出そう~葬式サイト比較


    home > お葬式の情報 > 古くから伝わるお葬式のスタイルです

古くから伝わるお葬式のスタイルです

 亡くなられた人を葬ると言う意味のお葬式、その昔は全て檀家であるお寺で営まれたと言うのが本来のスタイルです。もちろん葬儀社と言う業者は近年になってから誕生したと言う訳です。時代が流れて今ではその殆どが葬儀社と言う葬式の専門家によって、全てを一任すると言うケースが一般的になっています。それでも極々地方に於いては家族が亡くなった場合には、故人の生まれた家で家族葬として葬式を営むと言うのも一般的でもあります。家族が亡くなったその日から葬式の準備をする訳です。故人を和装に着替えさせて北枕に安置します。親族他、故人に対しての関係者すべてに訃報を知らせます。亡くなられた翌日、またはその当日の夜にはお通夜が営まれます。このお通夜と言うのは家族と親族だけの参列で次に営まれる葬儀と同じようなスタイルで営まれます。もちろん檀家である住職からの読経もあります。通常夕方から営まれると言うのが一般的です。

 地方ではこのお通夜の時に、故人に対してご詠歌と言う唄を読んで弔うと言う習慣があります。数人の女性がその役を務めると言うのが習慣です。その夜は、翌朝まで納棺されている故人に対して蝋燭の灯と線香は絶やさずにするというのが古くからの習慣です。もちろんですが、既に棺の奥には祭壇が準備されていると言う事になります。そして葬儀の時までには、その祭壇の両側には遺族と親族、そして友人や知人から贈られた共花が飾られると言う事になります。花屋が葬儀用にとアレンジされた共花と言う事になります。お通夜の前、訃報が知らされた時点で、布団に安置された時から既に故人に対しての弔問客は故人を弔うと言う事になります。その際に弔問客は香典を持参して忌中の家を訪れます。故人の枕元で、水を汲み、そして蝋燭の炎から線香を焚いて数珠を持ち故人を弔います。

 弔問客が持参した香典ですが、白と黒の熨斗袋に奇数の金銭が入れてあります。この金銭は今では一般的にお札と言う事になります。古くから葬式を営む際には遺族が経済的にも負担が多いと言う理由で弔問客が持ち寄ると言う習慣です。その香典には香典返しがあり、大凡半額程度の品物が弔問客には渡されます。実際に葬式が始まります。ただ、この場合、葬式に相応しい日程もあります。その地方で異なりますが、古くから葬式には相応しくない日和と言うのもあります。住職と相談して決めると言う事になります。全てが整った時点で、予定通りに葬式は始まります。全て参列者は喪服となり、住職の読経のすぐ後ろには喪主、そして遺族し親族、その後ろに友人知人が参列し、焼香が始まります。そして出棺となり、火葬なります。

カテゴリー

ページトップへ