感謝の気持ちを込めて送り出そう~葬式サイト比較


    home > お葬式の情報 > 家族が見守る一般的なお葬式の流れです

家族が見守る一般的なお葬式の流れです

 今の時代、地方でもそうですが、都市圏に至っては葬式に対しては業者に一任する方式が多くなっています。その一方ではまだまだ業者に一任せずにしっかりと実家にて葬儀を営むと言うケースも少なくはないと言うのが現状です。生まれたその家で葬式を営むと言う場合の流れとなります。故人は布団の中で眠っています。出来うる限り、家の中でも北側の位置に枕をして眠らせます。もちろん、その時点で家族は、家族の訃報を故人のあらゆる連絡筋に伝えると言う事になります。故人の枕元には小さな祭壇が設えられます。故人は和装となります。これは日本人としての古くからの死に装束と言う事になります。遺族は故人の死亡診断書を医師に問い合わせをします。そして檀家である住職に連絡します。そして、この時点で葬儀社にも連絡して、祭壇などの準備をします。業者にて葬儀を営む方法もありますが、故人の生まれた家での家族葬の場合には実家に祭壇を準備する習慣も地方にはあります。

 葬式の準備は家の中の広い場所に祭壇を設えます。真ん中に故人の写真、そして祭壇の両側には遺族や親族、そして友人知人などから贈られた花々が飾られると言う事になります。家族が亡くなったその日の夜にはお通夜として家族だけでの葬儀が始まります。夜を徹しての故人を見守と言う意味でのお通夜と言う事になります。一晩中、蝋燭の灯と線香は絶やさないと言うのが仕来りです。既に棺に故人を納める以前から、周囲の人たちは故人に対しての弔問に訪れると言う事になります。実際に葬儀には参列出来ないと言う場合の方々とのお別れと言う事になる訳です。この時に、弔問客は特に服装は普段着で訪れます。ただ、香典は携えております。この香典と言うのは葬儀を営む家族に対しての慰労金でもあります。通常奇数の香典と言う事になります。今ではその殆どが金銭と言う事になります。

 もちろんですが、その香典に対しては遺族の方から香典返しと言うのがあります。戴いた金額に対してのお返しと言う事になります。大凡半額の品物であり、生もの以外の保存が効く品物と言う事になります。食できるものが一般的です。お葬式が始まります。祭壇の前で檀家である住職の読経が始まります。その読経に合わせて参列者が棺に納められている死者を弔います。住職の合図に合わせての焼香が始まります。お香を焚くと言う行為です。このスタイルには複数あります。その檀家の宗派でも異なります。参列者が据わったままでその場に焼香が運ばれて行う場合と、祭壇に一人ずつ赴いて行う場合に別れます。その時は喪主から遺族、そして友人知人の順番で行うと言う事になります。そして柩を家の中でその場で一回りさせて出棺と言う事になります。やがて斉場で最後の別れと言う事になります。これが葬式の流れです。

カテゴリー

ページトップへ