感謝の気持ちを込めて送り出そう~葬式サイト比較


    home > お葬式の情報 > 葬式は地域差と時代差を反映する儀式なり

葬式は地域差と時代差を反映する儀式なり

 亡くなった人に対する最期のお別れの儀式である葬式は地域差と時代差を反映する1つの光景となります。時代差の反映としては、かつては自宅で一般葬が主流であったところ、 現在は葬儀会館で近親者以外の参加をご遠慮いただいている家族葬が主流になってきています。その葬式の基本的な流れは大筋ではあまり変化がありませんが、まずは葬儀業者に電話依頼をすることから始まります。電話依頼をすると業者のスタッフが寝台車で遺体を自宅または葬儀場所まで搬送します。搬送が終わると遺体の化粧直しが行われます。この際は着せ替えなど湯灌と呼ばれる作業が行われます。これが終わると遺体は棺桶に載せられた再び葬儀会場の儀式をする場所まで移動させられます。しかし状況次第ではその前にお寺さんの住職さんにより枕経という通夜の前の儀式が行われます。この儀式は喪服である必要はなく普段着のままで行われます。なおその際は葉っぱで唇を濡らす行為が行われます。

 夕刻になると通夜が行われますが、その場合は昔も今も喪服姿が基本で1時間ほどの儀式となります。この儀式と翌日の告別式では参加者は香典持参が一般的ですが、近年は香典返しの煩雑さを避けるためにお断りする喪主家族が増加していることに留意しなければなりません。この儀式の後に親族は控室に戻り、食事しながら翌日の告別式の詳細を伝え聞くこととなります。その後は親族は極力自宅へ戻るなどすることになります。宿泊施設などが見つからない場合に限って葬儀会館で寝泊まりすることも可能ですが、現在では単なる寝泊まりにとどまることになります。というのは昔のように線香の火を寝ずの番をして絶やさないようにする行為が禁止されています。なぜならば消防法が規制強化されたためとなります。翌日の告別式では友引を避けて行われます。友引の日は火葬場自体が休業しているので火葬が行えません。友引の日を避けるのは生きてる人が死後の世界へ引きづりこまれるという意味があるからです。

 ただその通夜や告別式での予約が近年は徐々に地域次第では難しくなりつつあるともいわれます。その原因の1つは高齢化社会の進行で数が増えたためともいわれます。そのため場合によれば延長を余儀なくされる可能性も抱えることとなります。この告別式での儀式はお寺さんの住職の数が2人または3人が基本となります。その儀式が終わると霊柩車に棺桶が乗せられて火葬場へ向かいます。火葬場へ向かう霊柩車はかつては宮型霊柩車が基本でしたが、時代と共に派手すぎるとの批判的意見が増加し、現在では絶滅状態となっています。代わりに装飾のない洋型霊柩車がほとんどとなっています。初期の洋型霊柩車は運転席と助手席しか座席がありませんでしたが、近ごろのそれはリムジン型と称して後部にも座席がついています。これで喪主家族は最大で4人ほど乗れることとなります。ただし火葬場に到着した後は、その霊柩車に再度乗ることができません。そのため帰りは別の車で戻らなければなりません。遺体が火葬されると骨拾いとなります。この骨拾いは地域差があり、全部拾う地域と一部しか拾わせてくれない地域とがあります。そのために骨壺の大きさも地域次第で変化しています。

カテゴリー

ページトップへ